Entries

【正式譲渡決定】事故を乗り越えて

12月初めからトライアルに出ていた四葉

DSC_0377.jpg

そろそろトライアル終了という年明けに事故にあってしまいました
ご家族さまと外出時に脱走しマンション4階から転落、行方不明
連絡をもらって探しに行き、その日のうちに保護することができました

目立った外傷はないものの心配だったのでこちらにてようすをみることに
結果は肝損傷・・・通院点滴、安静、高栄養にて10日間療養し元気になりました

DSC_0275.jpg
すっかりトライアル先のご家族様に慣れてしまっていたのでうちではよそよそしく
元気になった頃やっといつもの四葉に戻りました(^_^;)
彼なりのここは僕のうちではありませんというのがひしひしと・・・

DSC_0249.jpg
猫を飼うことが初めてのご家族です
外出について、わたしたちの説明不足でもあったかなと思い
ありとあらゆることを想定して今回の脱走事故に関してしっかりお話させていただいたうえで
正式譲渡になりました

四葉さん改め≪ゆずくん≫
大好きな家族のもとに帰ってきっとほっとしていると思います
ずっと幸せに暮らしてね(#^.^#)




Fさま
先日はこちらまで来ていただきありがとうございました
医療費ご負担もありがとうございます
今回の事故でわたしたちもさらにトライアルの際などご説明させていただかなければと
反省しております
ご心配をおかけしてしました
これからもゆずくんをよろしくお願いいたします




スポンサーサイト

四葉くん手術がんばってくれました

先日双葉ちゃんの面会にこられた方のハートを射止めちゃった≪四葉≫

日曜日に去勢手術を受けてもらいました。

猫さんを初めて迎えられるご家庭へのトライアルが決定しましたので

こちらで済ませてからお届けすることにしました^^

DSC_0174.jpg
ぼくがんばったでしゅよ!

手術当日は涙目で食欲もなかった四葉くん

翌朝になって元気にご飯コール、ぺろりと完食してくれて安心しました(*^^*)

おんなのこより負担は少ないですがやっぱりいつも手術は心配です

さあ、トライアルの準備は整いました

後はママさんからの連絡待ちで出発予定です♪

DSC_0127.jpg

保護した時はか細かった四葉もたくさん食べて走って立派な体つきになりました☆












彼が遺棄され虐待を受けた地域では今も遺棄が絶えず

子猫が行方不明になっていたり・・・

夜には冷たい雨の中、強い風の中どう過ごしているのかと

考え出したらとっても気が重くなります

遺棄されにくい環境をどうしたら作れるのかとも思いますが・・・

不特定多数のえさやり、おきえさ、無断で設置されている多数の猫ハウス、食器、水入れ

たくさんの猫たち、名前を呼んで歩くえさやりさん達

捨て猫をあおってしまう周囲への告知、環境を変えるのは難しそうな場所です

次々と猫さん達が現れるたびに

できることはほんの一部しかないという無力感でいっぱいになる時もあります

おでこの傷が治り、イケメンに変身です♪

DSC_0470.jpg

抱っこが大好きな≪四葉≫

体の傷とともに心の傷も癒え・・・

DSC_0650_20121025020304.jpg

とってもリラックスした表情を見せてくれるようになりました(#^.^#)

DSC_0645_20121025020303.jpg

なでられるのも大好きで大音量のごろごろ音が鳴りやみません(^_^;)

人が大好きでとってもきれいなさば白男子

DSC_0660.jpg

ご縁をお待ちしています(@^^)/~~~



外傷を負った新入り子猫さん

DSC_0213_20121008194237.jpg
この小さい小さいおとこのこも新入りさんです
捨て猫が後をたたないという地域に遺棄されており
初対面のわたしにとことこっと歩いてやってきた子猫さん
額の部分に外傷が見られたために保護しました

DSC_0197.jpg
人が大好きですりすりーべたべたーの生後3カ月ほどこで
外傷を見て頂いたところ。。。
【深部まで達する熱傷】という診断でした((+_+))
先生もわたしもただただ驚きました
小さな小さな額にぽっかりとまるいやけどの跡
2次感染を起こせば敗血症になり命の危険があります
自然に起きたものでなく【虐待】された子猫さんだったのです

DSC_0191_20121008194238.jpg
いじらしいくらいになつこいこ
誰にでも寄っていってしうこは外で暮らすにはさらに危険が増すようです

幸せになれるようにと願いを込めて≪四葉≫となづけ
今は治療に励んでいます
お薬も塗り薬もおりこうさんにがんばっている≪四葉≫

いつの日か元気に幸せな家族の一員となれますように。。。




Appendix

プロフィール

Author:**イチ**と**マル**
猫の性格はそれぞれで一匹たりとも同じ猫はいない
人もそうで同じ人間はひとりもいない
あなたとあなたにとって特別な猫との出会いは
人生を変えてしまうことになるかもしれない・・・
猫のいない人生なんて・・・今まで猫を知らずに生きてきたなんて・・・もったいない・・・もっと早くに出会いたかったと初めて猫と暮らした時思いました
10歳でした
あなたにもいい出会いがありますように・・・。

**********
里親ご希望の方はリンクの「ねこのわ」のメールフォームからお申し込みください

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR